CONTACT
WORKS

9.市松の家

  • 家作人コンペ
工事期間 コンペ期間:2016年4月28~6月12日
敷地面積 227.70㎡(68.9坪)
構造・規模 壁式RC造、1階平屋建て、延床面積151.30㎡(45.8坪)
家族構成 夫婦2人+子供1人(社会人)

2016年6月にプレゼンテーションを行った、親子3人で住む個人住宅です。

建替えの計画でしたので、現在のお住まいを拝見し、より具体的な要望を聞き取ったコンペとなりました。

主な要望としては「既存井戸は残して活用したい」「将来は長男世帯との2世帯が可能な計画」「長男世帯は敷地の北西側・図中左側に計画」「平屋は絶対条件」などがありました。

しかし、計画地は巾24mの道路再整備が決定しており、その交差点に位置していました。法令により「交差点から5m以内には出入口不可」との規制があり、全てを要望通りにした場合、入口や既存井戸の制約により不合理な計画となることが予想されました。よって要望とは逆の配置案を提案すべきと考えました。

計画地は「頻繁に霧が発生し、湿度が高い」との事でしたので、弊社案は中央に廊下を配し、各部屋を市松模様のように配置した案としました。これにより、各室とも対面に窓を設けることが出来、通風・換気・採光に優れた計画とすることが出来ます。また、廊下と部屋間の仕切りは収納家具にて兼用させることで、十分な収納も確保した計画としました。